医療法人池慶会 池端病院

患者様へfor-patient

インフォームドコンセントについて

患者様の病状や診断名、医療行為の必要性ならびに手術・検査・投薬等の治療方法、内容、期間、予測される効果、危険性、副作用、他科受診の必要性、その治療を実施しなかった場合に予測される結果などについて、十分説明を行った上で患者様の意向に基づき医療行為を進めていきます。特に予後や今後の治療方針に大きく関わる重要な医療行為におきましては、患者様やそのご家族に分かりやすい言葉で説明し、十分にご理解を得た上で患者様の選択に基づいた医療を提供いたします。

患者様の権利

  • 患者様が持っている質の高い医療を受ける権利を尊重するために、わたしたちはすべての患者様の価値観を踏まえた、公平で満足のいく治療を提供します。
  • 患者様には病状や治療についての説明を受け、理解・納得した上で検査方法や治療方法を選択する権利があります。わたしたちは、インフォームドコンセントを重視し、患者様の意思を尊重します。
  • 診療上得た患者様の情報は責任をもって保護し、診療上必要な情報提供以外では決して外部には漏らしません。

患者様の責務

  • 患者様自身の健康やお薬に関する情報をできるだけ詳しく教えてください。患者様の状態を正確に知っておくことで、最適な医療を実施することができます。
  • 説明を受けてもよく理解できなかったり、納得しにくい事柄については、どのような些細なことでも質問してください。患者様が治療法や自分の健康状態を理解することによって、治療効果の一層の向上が望めます。

院内安全管理・感染防止対策

当院は、医療の安全と信頼の確保を図るため、「医療安全管理委員会」を設置しています。職員個人レベルでの事故防止対策と、医療施設全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推し進めることによって、医療事故の発生を未然に防ぎ、患者様が安心して医療を受ける事ができる環境を整えることを目的として「院内安全管理対策指針」を定め、患者様の安全を確保しつつ必要な医療を提供していきます。

また、当院では、院内感染の予防対策ならびに感染症発生時における適切な対応策の検討および実施を行うため、「院内感染防止委員会」を設置し、職員一丸となって感染症まん延の予防と対策に努めています。「院内感染防止対策委員会」は、各専門職の代表で構成され、定期的な内部研修またはケースワーク等を通し職員への院内感染防止対策の徹底を図るとともに、当院の規定した「感染防止対策マニュアル」に沿って実施状況のチェックを行い、良質で安全な医療サービスの提供に努めています。

個人情報の保護および利用目的

当院は地域に根ざした信頼される医療に向けて、患者様に良い医療を提供できるよう日々努力を重ねております。「患者様の個人情報」につきましても「患者様の個人情報保護に関する基本方針」を定め、本方針の確実な履行に努めます。また、下記に定める「個人情報の利用目的」を患者様および利用者様にきちんとご説明し、適切な保護・管理を行ってまいります。

ターミナルケアの取り組みについて

超高齢化社会を迎え、患者様の人生の締めくくりの時期に、家族や医療・ケア関係者等がどのように寄り添うかが、これまで以上に大きな課題となっています。
患者様1人1人の希望に沿った生き方を実現するためにはその意思を十分に尊重し、患者様にとって最善となる医療及びケアをより一層充実させていくことが望まれます。

当院でもACP(アドバンス・ケア・プランニング)の考え方をもとに、将来の医療・ケアについて、患者様主体に、そのご家族や近しい人、医療・ケアチームが繰り返し話し合いを行い、患者様の意思決定を支援していく取り組みを行っております。「意思確認書」に沿って「人生会議」を行い、繰り返し話し合いの機会をもてるようにしています。

地域連携室のご案内

ただいま準備中です。

関連リンク

池端病院に関連する行政機関や医療関係、団体等のホームページをご紹介します。