トップページ > 患者様へ > 新型インフルエンザについて

 

最終更新日:平成21年5月21日

 新型インフルエンザについて
 新型インフルエンザが国内で発生し、今後感染の拡大が懸念されます。今回の新型インフルエンザは季節性インフルエンザに近い症状が報告されていますが、万全を期すため、地域における新型インフルエンザの感染拡大防止対策として、インフルエンザ様疾患が疑われる方は事前にご連絡の上、指示に従ってください

 池端病院 外来 TEL0778-23-0150


新型インフルエンザまん延防止のために
 新型インフルエンザの感染が疑われるのは、次の@を満たし、かつAまたはBを満たす方です。
@症状発現日以前の7日間のうちに、新型インフルエンザ様疾患流行地の滞在歴*がある。
 *流行地とはメキシコ等今回の新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の患者および疑い患者が報告された
 国および地域です。流行地につきましては刻一刻と変化しますので報道等にご注意ください。
 注:滞在歴がない場合であっても滞在していた方で咳症状が見られる方と濃厚に接触した方など、@とみ
 なしうる方も含みます。
A38度以上の発熱を認める。
B咳・鼻汁・鼻閉・咽頭痛等の呼吸器症状を認める。 
 感染の疑いのある方は、必ず事前に電話等で最寄りの保健所に連絡し、指示を受けた医療機関をマスク
 を着用したうえで受診してください。
 直接、医療機関を受診することは、周りの方に感染を広げる可能性がありますのでご遠慮ください。
 
福井県内発熱相談センター

 福井健康福祉センター  0776−36−1261

 坂井健康福祉センター  0776−73−0600

 奥越健康福祉センター  0779−66−2076

 丹南健康福祉センター  0778−51−0448

 二州健康福祉センター  0770−22−3747

 若狭健康福祉センター  0770−52−1300

 福井県ホームページ:「新型インフルエンザのまん延の防止のために」より


 
 なお、現在は「新型インフルエンザ対策行動計画」における「第二段階(国内発生早期)」となっておりますが、弱毒性
と指摘されており、スポーツや集会等の自粛要請はせず、必要性の検討・感染機会を減らすための工夫を求めるに留
めています。外出する際はマスクを着用し、帰宅した際には必ず手洗い・うがいをするなど各自での感染予防対策を行
うことが大切です。

池端病院  院長

 新型インフルエンザ関連リンク
  厚生労働省:新型インフルエンザ対策関連情報
  厚生労働省:新型インフルエンザ最新情報
  福井県:新型インフルエンザ対策関連情報について

 

 

 ページの上に戻る |

 トップページに戻る

 

 

All contents of this website copyrighted (C) Ikebata Hospital