トップページ > リハビリテーション > 理学療法 │ 作業療法 │ 言語聴覚療法  

 理学療法

当院には現在2名の理学療法士が勤務しています。

理学療法とは検査、測定、評価のプロセスに基づき、何らかの疾病、障がい等に起因する機能、形態障害に対する
運動療法による筋肉、関節可動域といった身体機能、および温熱、水、光線、電気などの物理療法による疼痛、循
環などの改善を図る治療科学です。また、能力の障がいが残った時、基本的動作や日常生活動作を改善するため
の指導、さらに社会生活改善を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具選定や住宅改修・環境調整・在宅
ケアなどが含まれます。近年では生活習慣病の予防、コントロール、障がい予防も理学療法の対象になっています。

主なリハビリテーションの方法
関節可動域訓練 筋力増強訓練
基本動作訓練 歩行訓練
車椅子操作訓練 全身調整訓練
低周波療法 温熱療法

 実際の生活に必要な筋力、関節の動き、感覚機能などの維持・改善
を図りながら、障がいのある部分の回復リハビリテーションだけでなく、
自立した生活を送れるよう残存機能を最大限活用し体全体の円滑な動
きを訓練していきます。
 たとえば脳卒中で右半身麻痺の方であれば、麻痺の改善に向けての
リハビリテーションのほか、健側の手足を使って身辺動作の訓練を行っ
たり、左手で箸を使ったり字を書いたりする訓練もしていきます。

理学療法室
 静かで落ち着いた空間となっています。各種物理療法の
機器、平行棒、治療ベッド、トレッドミル、自転車エルゴメー
ター等を備えています。
 
 
 
 

  ページの上に戻る |

  トップページに戻る


 

作業療法

当院には現在4名の作業療法士が勤務しています。

病気や事故のために身心の機能の低下をもつ方、または何らかの
障がいが予測される方に対し、主として日常生活動作能力(身辺動
作や家事動作)の獲得を図るため、その活動に必要な機能の維持・
回復を促す手段として、入浴から食事摂取に至るまで、様々な作業
的な活動を用いて、治療・指導・援助を行います。

 

 実際の生活に必要な筋力、関節の動き、感覚機能などの維持・改善
を図りながら、障がいのある部分の回復リハビリテーションだけでなく、
自立した生活を送れるよう残存機能を最大限活用し、日常生活に必要
な動作を中心に訓練していきます。
 たとえば利き手に障がいを持つ患者様に、箸の使用や書字など、利
き手を交換する為の訓練を行ったり、残された機能だけではどうしても
行えない動作がある場合には、その動作を可能とする為の道具を考え
たり、作成する等により、日常生活動作の獲得を援助します。また必
要性に応じて職業復帰への働きかけや、自動車を防ぐために、課題を
提供し、脳の活性化にも取り組んでいます。

 

 レクリエーションでは離床を促し気分転換をはかったり、人との交流を
持つ事で、長期入院や障がいにより、失われやすい生活に対する意欲
の維持・改善に努めています。
 具体的には5人ほどの小グループを作り、手工芸や季節行事などの
精神面に働きかけるものと、ゲームや軽スポーツ等の身体面に働きか
けるものをバランスよく企画しています。
 
 

 創作活動では利用者様の生活環境や、経験を生かした趣味的活動
により、生活意欲の回復、精神の活性化をはかり、自発的な生活が送
れるように努めています。
 主に通所リハビリテーションの利用者さまや入院患者さまを対象とし

て行っており、活動内容はちぎり絵、切り絵、刺し子、ネット手芸、コイ

ン手芸、銅版細工などさまざまです。趣味や興味のあることの実現を
リハビリテーションを通して行っていただくことで、ひとつひとつの動作
を意義のある訓練として利用者さまにも学んでいただいています。

 

作業療法室
 日当たりがよく、入院患者さまや通所利用者さまがいつで
も出入りでき、作業活動が行いやすい空間となっております
 また、創作活動で作製した作品を飾る事で達成感や次の
創作意欲につながるように心掛けています。
 
 
 

 

  ページの上に戻る |

  トップページに戻る


 

言語聴覚療法

 当院には2名の言語聴覚士が勤務しています。
 言語聴覚療法とは、病気や事故、発達上の問題のためにことば、
聴こえ、声や発音に問題を持つ方に対し、リハビリテーションを実施
しコミュニケーションの面から豊かな生活が送れるように支援を行い
ます。また、飲みこみの機能の低下を持つ方に対してもリハビリテー
ションを行います。

 当院では脳卒中や事故によって失語症、構音障害、飲みこみの障

害(嚥下障害)を持った成人の方に対しての評価、治療、アドバイス
を行っています。

 

 失語症のリハビリテーション
 失語症によって「聴く」「話す」「読む」「書く」の能力が低下することによって、コミュニケーションに問題が起こってき
ます。症状は一人ひとり異なっているので、評価を行い、患者様にあった治療法を提供します。
 構音障害のリハビリテーション
 顔面や舌など話すことに関わる部分が麻痺によって動きにくくなると、発声や発音がうまく出来なくなります。顔面
や舌など発声、発音に関わる器官へアプローチすることで各器官の運動能力改善を図ります。
 飲みこみ(嚥下障害)のリハビリテーション
 口唇・舌・喉などの運動能力が低下することで「食べ物が噛みにくい」、「食べ物やよだれがこぼれてしまう」、「喉に
引っ掛ってよくむせる」などの問題が起こってきます。口唇・舌・喉などの運動や咀嚼(そしゃく)練習、嚥下反射促通
訓練を行い、食事を安全に食べる事ができるようにアドバイスを行います。

言語聴覚療法室 言語聴覚療法室
 2階の少し離れた静かな場所にあり、患者さま、利用者さ
まが落ち着いてリハビリテーションが受けられるよう配慮し
ています。
 
 
 

 

 

 

  ページの上に戻る |

  トップページに戻る