睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気です。
 無呼吸状態が1時間当たり5回以上ある、または7時間の睡眠中に10秒以上の呼吸停止状態が30回以上あった
 場合、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。
 
主な症状
 大きな鼾(いびき)
 昼間の急な眠気
 睡眠時に何度も覚醒する
 集中力、記銘の低下
 起床時の頭痛
 


 当院では「終夜睡眠ポリグラフ(PGS)」検査を実施しています。
 脳波計、眼球運動、下顎の筋電図、鼻と口の呼吸、いびき音、心電図、胸、腹の動き、体位、御しの筋電図などを
 総合的に測定し、睡眠時無呼吸症候群のタイプや重症度を判定します。入院の必要はなく、気軽に検査を受ける
 ことができます。
 検査後、治療が必要な場合は、患者さまに合った治療法を患者さまと相談しながら決めていきます。

 また効果的な治療法が行えるよう生活習慣の課題改善のアドバイスも並行して行っていきます。


 

 ページの上に戻る |

  トップページに戻る

All contents of this website copyrighted (C) Ikebata Hospital